2012年8月10日金曜日

C# ListViewコントロールの使い方(項目追加)

ListViewコントロールに項目を追加する方法。

ここでは、各列の「タイトルの追加方法」と「項目の追加方法」の2つを紹介します。


まず、「タイトルの追加方法」。

リストビューの列タイトルは、「listView1.Columns.Add」メソッドで指定します。
(listView1は「ListView」クラスのインスタンス変数)


つぎは、「項目の追加方法」。


リストビューに項目を追加するには、「listView1.Items.Add」メソッドで指定します。
(listView1は「ListViewクラス」のインスタンス変数)

■ソース


using System;
using System.Windows.Forms;
namespace WindowsFormsApplication1
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        public Form1()
        {
            InitializeComponent();
        }
        private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
        {
            //ListViewコントロールの設定
            listView1.View = View.Details;

            //カラムの設定(3列)
            listView1.Columns.Add("列1");
            listView1.Columns.Add("列2");
            listView1.Columns.Add("列3");

            //リスト項目の設定
            string[] row_1 = { "1行目_列1", "1行目_列2", "1行目_列3" };
            string[] row_2 = { "2行目_列1", "2行目_列2", "2行目_列3" };
            string[] row_3 = { "3行目_列1", "3行目_列2", "3行目_列3" };
            listView1.Items.Add(new ListViewItem(row_1));
            listView1.Items.Add(new ListViewItem(row_2));
            listView1.Items.Add(new ListViewItem(row_3));
        }
    }
}

ちなみに、リストビューコントロールの「View」プロパティを変更すると次のように表示が変わる。

View:Details

View:LargeIcon

View:List

View:SmallIcon

View:Title